• 月. 9月 20th, 2021

中途採用の人は志望動機をどう書けば良いの?迷った時の書き方

中途採用の人が転職や就職のために面接を受ける場合、志望動機の内容がポイントとなります。
面接を受ける前に書類選考が行われることもあり、説得力に乏しくありきたりな内容であれば落ちてしまうかもしれません。中途採用の人は志望動機をどう書けば良いのか、迷った時の書き方について紹介します。
何を書けば良いか迷った時は、伝えたいことをメモに書いてください。今までの経験で学んだことや自分の長所、保有している資格や特技、このようにプラスのアピールができるものを挙げるのです。
そして企業の担当者の立場に考えて、余計と思う部分を消してください。何故当社なのか、仕事をしたらどのようになりたいか、などを担当者はポイントとするでしょう。
自分自身の武器となるアピールポイントと担当者が採用のために重視するポイントは、イコールとなるわけではないのです。余計な部分は消して、残った部分を上手く組み合わせてください。
履歴書の志望動機の欄には限りがあります。あまり長く書いても担当者に熱意が伝わるとは限らないため、一度声に出して読んでみてください。
2分くらいに収まる長さがおすすめです。余計なポイントは伝えず、担当者の立場になってアピールする部分を残すことが書き方の基本となります。
そして中途採用の人が志望動機を書く時は、構成にも注意すると良いでしょう。何故志望するのか、結論から書き出してください。最初に結論から書くことによって、担当者が知りたがっているポイントを簡潔に伝えられるためです。
何故当社なのかというポイントについては、その後に書いてください。担当者が意地悪な場合、他の会社でも良かったのではないかと質問されるかもしれません。
しかしこの会社でなければならないという理由を伝えることで、書類選考が通りやすくなるかもしれません。今までの経験やスキルは、その後に書いてください。
何かに一生懸命になって取り組んだ経験があれば、アピールのために積極的に書きましょう。資格の勉強をしていた人は、どのような内容だったかをシンプルに書いてください。最後に入社後に取り組みたいことを書き、既に働いている自分をイメージしているとアピールするのです。
中途採用だからといって転職において不利となるわけではなく、まずは書類選考をクリアすることが重要です。そのためにも志望動機の内容にはこだわり、記事で紹介したことを参考にしつつ試行錯誤を繰り返してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。